Science Fiction and Fantasy Writers of Japan

last modified: 1999/05/17
JAPANESE / ENGLISH

ここは旧サイトです。
⇒新サイトへ移動


「文化の日」スペシャル・トークショー

小谷真理 vs 上野直子。11月3日

青山ブックセンター本店内カルチャーサロン

佐藤亜紀 vs 小谷真理。11月3日

渋谷XP

PART1

「やおい」が宇宙を書きかえる!
フェミニズム/カルチュラル・スタディーズ最前線

小谷真理(SF&ファンタジー評論家)
  VS
上野直子(横浜市立大学看護短期大学部助教授)
『スター・トレック』のカーク船長とスポックの同性愛ポルノ小説を書くアメリカの「やおい」グループは、何をめざしているのか? カルチュラル・スタディーズの視点から見た「やおいカルチャー」とは? 女性の創造性を脅かすテクスチュアル・ハラスメントの実態は? 「創造する女性たち」=「やおい」に焦点をあて、気鋭のSF評論家とフェミニズム研究家が語り尽くすホットなトーク・ショー。
◆時:1998年11月3日(火)文化の日
午後6時〜8時
◆場所:青山ブックセンター本店内
 カルチャーサロン
〒150-0001東京都渋谷区神宮前5-53-67コスモス青山ガーデンフロア(B2F)
 地下鉄銀座線・半蔵門線・千代田線 表参道駅下車徒歩5分 国連大学横
◆入場無料 先着120名
◆問い合わせ:カルチャーサロン
03-5485-5513

[対談者プロフィール]

小谷真理(こたに・まり)
1958年生まれ。 北里大学薬学部薬学科卒業。 SF&ファンタジー評論家。 著書に『ファンタジーの冒険』(筑摩書房)、『女性状無意識』(勁草書房)、『聖母エヴァンゲリオン』(マガジンハウス)、共訳書に、ダナ・ハラウェイ他『サイボーグ・フェミニズム』(トレヴィル)、また共著として、『21世紀に伝えたいこと』(工作舎)などがある。
上野直子(うえの・なおこ)
1962年生まれ。 お茶の水女子大学大学院博士課程修了。 横浜市立大学看護短期大学部助教授。 訳書にC・ペンリー『NASA/トレック』(工作舎)、C・E・ラセット『女性を捏造した男たち』(工作舎)、S・フェラン「(ビ)カミング・アウト」(『フェミニズム』所収、研究社)などがある。

PART2

<すばる文学カフェ>協賛 XP提供

文句のある奴は前へ出ろ! 出張版!

佐藤亜紀(作家)
  VS
小谷真理(SF&ファンタジー評論家)
作家・佐藤亜紀氏のホームページ「大蟻喰の生活と意見」(http://www.momoinfo.com/tamanoir/)の連載コラム「文句のある奴は前へ出ろ」のリアルライヴ。 お相手はテクスチュアル・ハラスメント研究に没頭するSF評論家・小谷真理。 クイア・リーディング、ファンタジー、女性性などをめぐって、にぎやかに語り倒します。
◆時:1998年11月3日(火)文化の日
午後10時半〜深夜すぎ
◆場所:  XP
       150  渋谷区渋谷1-11-12  諸戸ビルB1
        TEL 03-5464-7864
       渋谷郵便局(宮益坂)裏手

[対談者プロフイール]

佐藤亜紀(さとう・あき)
1962年生まれ。 1991年『バルタザールの遍歴』(新潮社)で第三回日本ファンタジーノベル大賞受賞。 そのほか著書に『戦争の法』、『鏡の影』(以上新潮社)、『略奪美術館』(平凡社)、『モンテイニーの狼男爵』(朝日新聞社)、『1809』(文藝春秋)がある。 また、小谷真理らとの共著として『Hyper Voices』(ジャストシステム)がある。
小谷真理(こたに・まり)
1958年生まれ。 1994 年『女性状無意識』(勁草書房)で第十五回日本SF大賞受賞。 そのほか著書に『ファンタジーの冒険』(筑摩書房)、『聖母エヴァンゲリオン』(マガジンハウス)、共訳書に、ダナ・ハラウェイ他『サイボーグ・フェミニズム』(トレヴィル)がある。 また佐藤亜紀らとの共著として『ハンサムウーマン』(ビレッジセンター出版局)がある。

→書籍購入ガイド


ニュース] [沿革] [名簿] [大賞] [新人賞] [評論賞] [年表] [ライブラリ] [リンク

ここは旧サイトです。
⇒新サイトへ移動

日本SF作家クラブWWWへのご意見はwebadmin@sfwj.jpへ。
このページは、基本的にリンク自由ですが、リンクした場合はご一報ください。
本WWW頁に掲載されているデータの無断転載を禁じます。
すべての著作権は著作者及び日本SF作家クラブに帰属します。

リンク用バナーです。ご自由にお使いください。


Copyright (C)1997-2014, Science Fiction and Fantasy Writers of Japan.