Science Fiction and Fantasy Writers of Japan

last modified: 1999/02/20
JAPANESE / ENGLISH

ここは旧サイトです。
⇒新サイトへ移動


「凶戦士 愛」

高千穂遙。2月12日

電子書店パピレス(http://www.papy.co.jp/)で発売。価格480円。

 ウルプタン国ではすべてが混乱していた。 政府軍と解放軍の間で激しい戦闘が繰り広げられている。 解放軍には“ダジャ”と呼ばれる完璧に鍛え上げられたゲリラ集団がいた。 何者にも動じない、ただ人を殺すためだけに生きる殺人機械たち。
 神永将人は、ベトナム戦での戦友である御子柴の息子、“愛”を見つけるため、ウルプタン政府軍に加わっていた。
 凶戦士 愛。 愛はダジャに加わっていた。 愛が血を呼び、血は愛を呼ぶ。
 戦慄と官能のスーパー・アクション。

→書籍購入ガイド


ニュース] [沿革] [名簿] [大賞] [新人賞] [評論賞] [年表] [ライブラリ] [リンク

ここは旧サイトです。
⇒新サイトへ移動

日本SF作家クラブWWWへのご意見はwebadmin@sfwj.jpへ。
このページは、基本的にリンク自由ですが、リンクした場合はご一報ください。
本WWW頁に掲載されているデータの無断転載を禁じます。
すべての著作権は著作者及び日本SF作家クラブに帰属します。

リンク用バナーです。ご自由にお使いください。


Copyright (C)1997-2014, Science Fiction and Fantasy Writers of Japan.