Science Fiction and Fantasy Writers of Japan

last modified: 1999/02/20
JAPANESE / ENGLISH

ここは旧サイトです。
⇒新サイトへ移動


「謀殺教団」

高千穂遙。2月12日

電子書店パピレス(http://www.papy.co.jp/)で発売。価格480円。

 心を捨て、究極まで鍛えあげられた殺人機械(マシーン)“凶戦士 愛”。 感情を失した人面の魔獣は、東南アジアのウルプタン国から日本に連れ戻された。 そして身を潜めながら日本人として振舞う訓練を受けていた。
 愛が身を潜めていた慈光市は新興宗教「慈光救世教」の本拠地だった。 教団は表向きは宗教団体だったが、実体は世界各地で暗躍する殺し屋集団だった。
 そのころ中米の独裁国家でクーデターが勃発、どうやら慈光救世教がかかわっているらしい。 そして何者かが愛を襲った。 ――殺人機械の壮絶な戦いが始まる!

→書籍購入ガイド


ニュース] [沿革] [名簿] [大賞] [新人賞] [評論賞] [年表] [ライブラリ] [リンク

ここは旧サイトです。
⇒新サイトへ移動

日本SF作家クラブWWWへのご意見はwebadmin@sfwj.jpへ。
このページは、基本的にリンク自由ですが、リンクした場合はご一報ください。
本WWW頁に掲載されているデータの無断転載を禁じます。
すべての著作権は著作者及び日本SF作家クラブに帰属します。

リンク用バナーです。ご自由にお使いください。


Copyright (C)1997-2014, Science Fiction and Fantasy Writers of Japan.