Science Fiction and Fantasy Writers of Japan

last modified: 1999/04/12
JAPANESE / ENGLISH

ここは旧サイトです。
⇒新サイトへ移動


愛書家のもの語り 第3弾

小谷真理。4月17日

北沢ギャラリー

「1939年以降に生まれたアメリカ人は、ペーパーバックなしの人生など考えられなかったろう」と言われたほど、ペーパーバックはじっさい革命的な発明品でした。 軽くて安くて濃い名作群は、またたくまに庶民の生活に溶け込んでいきました。 この大量生産され、今も絶大なメディアとして重宝がられているポケットサイズ本の魅力とはなんでしょうか。
 60年代後半から、ウイリアム・モリスやロード・ダンセイニなどの古典、H・P・ラヴクラフトらのパルプフィクション、そして新時代作家の作品などが、ファンタスティックな表紙と共に続々と市場に送り出されます。 これが名高いバランタイン・アダルト・ファンタジーを始めとするポケット版ファンタジー叢書連続出版です。 十九世紀末にモリスらのめざした工芸精神を受け継ぎ、より多くの大衆に愛され独自の文化を築くに至ったこの幻想叢書を紹介しながら、現代米国ファンタジー・ブームの隠れた立役者ともいえる簡便なる書物形態ペーパーバックの人気の秘密を探っていこう と思います。……小谷真理 トークの他にピアノ、ヴァイオリン、マリンバによる小さなコンサートと 冷たいお飲み物もお楽しみいただけます。サロン風のトークショーを イメージして昨年の秋から始めた企画です。高宮利行さん、林望さんに 続いて、今回は小谷真理さんの登場となりました。 ご関心の方にはチラシをお送りしますので、FAXかお電話番号をお知らせ ください。ご予約、お問い合わせをお待ちしています。

北沢ギャラリー(電話 03-3263-0065) http://www.kitazawa.co.jp/

→書籍購入ガイド


ニュース] [沿革] [名簿] [大賞] [新人賞] [評論賞] [年表] [ライブラリ] [リンク

ここは旧サイトです。
⇒新サイトへ移動

日本SF作家クラブWWWへのご意見はwebadmin@sfwj.jpへ。
このページは、基本的にリンク自由ですが、リンクした場合はご一報ください。
本WWW頁に掲載されているデータの無断転載を禁じます。
すべての著作権は著作者及び日本SF作家クラブに帰属します。

リンク用バナーです。ご自由にお使いください。


Copyright (C)1997-2014, Science Fiction and Fantasy Writers of Japan.