Science Fiction and Fantasy Writers of Japan

last modified: 2000/03/08
JAPANESE / ENGLISH

ここは旧サイトです。
⇒新サイトへ移動


「モダンファンタジー入門――その文学史を追う」

講師 SF&ファンタジー評論家・小谷 真理
ゲスト(6/8)  幻想文学研究家・風間 賢二

 ファンタジーの魅力とはなんでしょう? そもそもファンタジーを扱った作品にはどのようなものがあり、それらはなぜ描かれたのでしょうか。
 本講座では、トールキンの『指輪物語』をはじめ、妖精物語、メルヘン、SF、パルプ・フィクション、魔術的リアリズムなどのサブジャンルに属するさまざまな作品とその作家たちをご紹介しつつ、19世紀から現代までの歴史的文脈に照らし合わせて、ファンタジーというジャンルについて考えていこうと思います。 資料として、年表を配布いたします。

《講座スケジュール》

第2、4木曜日 18:00〜20:30 全5回
  1. 4月13日  20世紀以前  モダンファンタジーの始まり
  2. 4月27日  20世紀前半  第二次世界大戦前の英米事情
  3. 5月11日  大戦以後   黄金期とニューウェーブ
  4. 5月25日  80年代以降  ハイテク革命とファンタジー
  5. 6月 8日  対談 ファンタジーと日本 ゲスト・風間賢二(幻想文学研究家)
<参考書>小谷真理『ファンタジーの冒険』(ちくま新書)、ブライアン・アトベリー、『ファンタジー文学入門』(大修館書店)。

《講師紹介》

小谷 真理 (こたに・まり)
1958年生まれ。 SF&ファンタジー評論家。 著書『女性状無意識ーーテクノガイネーシス』(勁草書房)で、1994年第15 回日本SF大賞を受賞。 共訳書ダナ・ハラウェイ他『サイボーグ・フェミニズム』(トレヴィル)で、1991年度第2回翻訳大賞思想部門受賞。 その他の著書として『聖母エヴァンゲリオン』(マガジンハウス)、『ファンタジーの冒険』(ちくま新書)、『おこげノススメ』(青土社)がある。
風間 賢二 (かざま・けんじ)
1953年生まれ。 幻想文学研究家。 『ホラー小説大全』(角川選書)で、第51回日本推理作家協会賞を受賞。 その他の主著に『スティーブン・キング』(筑摩書房)、『オルタナティヴ・フィクション』(水声社)などがある。 編訳書としては『ヴィクトリア朝妖精物語』(ちくま文庫)があり、また、高山宏との共同監修に『幻想文学大事典』(国書刊行会)がある。

《受講料》

会員 13,000円、一般 14,500円 (入会金不要) *受講料には消費税5%が加算されます。
場所:新宿住友ビル48F   朝日カルチャーセンター (申し込みは4F受付)
連絡先:〒163-0204  新宿住友ビル内 私書箱22号  
    TEL03-3344-1945  (直) 
    東京都新宿区西新宿2-6-1     
    朝日カルチャーセンター 

→書籍購入ガイド


ニュース] [沿革] [名簿] [大賞] [新人賞] [評論賞] [年表] [ライブラリ] [リンク

ここは旧サイトです。
⇒新サイトへ移動

日本SF作家クラブWWWへのご意見はwebadmin@sfwj.jpへ。
このページは、基本的にリンク自由ですが、リンクした場合はご一報ください。
本WWW頁に掲載されているデータの無断転載を禁じます。
すべての著作権は著作者及び日本SF作家クラブに帰属します。

リンク用バナーです。ご自由にお使いください。


Copyright (C)1997-2014, Science Fiction and Fantasy Writers of Japan.