Science Fiction and Fantasy Writers of Japan

last modified: 2002/07/11
JAPANESE / ENGLISH

ここは旧サイトです。
⇒新サイトへ移動


「展翅 撩乱−昭和七六年、春−」

東野司。7月15日発行。

学研M文庫。ISBN4-05-900170-8 本体価格/680円。
イラスト/ひろき真冬

昭和七六年二月横濱市で一家四人の惨殺事件が発生した。 現場には血まみれの手形が残されていたが、それは人間のものではなかった! 神那川縣警科学捜査課の捜査官、瀬戸はるかは不可思議犯罪を専門に扱う警察廳第弐外地資料課の中年男、渡会一馬とともに、この難事件の捜査に乗り出す。 奇妙な河童の目撃談、封印された研究所、そして現代によみがえる錬金術……。 荒唐無稽とも思える事実の断片をたどるはるかたちの前に、意外な真相が浮かび上がる。 「こんな世界は終わったほうがいい……」 犯人の切なくも絶望的な願いは、もう誰にも止めることができない……!?

→書籍購入ガイド


ニュース] [沿革] [名簿] [大賞] [新人賞] [評論賞] [年表] [ライブラリ] [リンク

ここは旧サイトです。
⇒新サイトへ移動

日本SF作家クラブWWWへのご意見はwebadmin@sfwj.jpへ。
このページは、基本的にリンク自由ですが、リンクした場合はご一報ください。
本WWW頁に掲載されているデータの無断転載を禁じます。
すべての著作権は著作者及び日本SF作家クラブに帰属します。

リンク用バナーです。ご自由にお使いください。


Copyright (C)1997-2014, Science Fiction and Fantasy Writers of Japan.