Science Fiction and Fantasy Writers of Japan

last modified: 1999/08/24
JAPANESE / ENGLISH

ここは旧サイトです。
⇒新サイトへ移動


石川喬司(いしかわ たかし)

1930年9月17日生まれ。愛媛県出身。
作家・評論家。 東京大学フランス文学科卒。 毎日新聞記者を経て創作活動に。 日本推理作家協会理事。 日本文芸家協会、日本ペンクラブ、日本SF作家クラブ、アジア・アフリカ作家会議などに所属。 競馬国際交流協会評議員など。

日本SF大賞、江戸川乱歩賞、横溝正史賞、JRA馬事文化賞、『優駿』エッセイ賞、輸入種牡馬委員会、顕彰馬(名馬の殿堂)委員会、NRAグランプリ選定委員会、地方競馬未来ビジョン委員会、ダート競争格付け委員会などの各選考委員を歴任。

評論集『SFの時代』で第31回(昭和53年度)日本推理作家協会賞受賞。 昭和54年、東京大学で行った講義(文学と時間)が「日本初のSF講座」として話題に。 余技の競馬評論でも知られ、各テレビ番組の常連を勤める。

《小説》――
『魔法つかいの夏』(早川書房→同文庫) 『アリスの不思議な旅』(同) 『エーゲ海の殺人』(集英社→旺文社文庫) 『彗星伝説』(講談社→同文庫) 『絵のない絵葉書』(毎日新聞社→『絵のない絵はがき』と改題して集英社文庫) 『世界から言葉を引けば』(河出書房) 『走れホース紳士』(祥伝社→徳間文庫) 『競馬聖書』(グリーンアロー出版社→徳間文庫)ほか。
《評論》――
『極楽の鬼』(早川書房→増補決定版・講談社) 『SFの時代』(奇想天外社→双葉文庫) 『SF・ミステリおもしろ大百科』(早川書房→『夢探偵』と改題して講談社文庫) 『IFの世界』(毎日新聞社→講談社文庫)ほか。
《エッセイ》――
『馬家物語』(現代評論社→徳間文庫) 『紳士は競馬がお好き』(同→同) 『ターフの誘惑』(廣済堂出版)ほか。
《アンソロジー》――
『世界ミステリ全集』全18巻(早川書房) 『世界SF全集』全35巻(同) 『SFファンタジア』全8巻(学習研究社) 『本命』(光文社→徳間文庫) 『四次元の殺人』(同→光文社文庫) 『黄金の指』(同) 『華麗なる賭け』(同) 『女は一回勝負する』(同) 『一攫千金の夢』(集英社文庫) 『夢の中の女』(旺文社文庫) 『「名勝負」傑作大全・上下』(光文社)ほか多数。
《共著》――
『時間と人間』(東京大学出版会) 『これからどうなる』(岩波書店) 『エラリイ・クイーンとそのライバルたち』(パシフィカ)ほか多数。
《全集》――
『石川喬司競馬全集』全3巻(ミデアム出版社)
《海外》――
“The Road to the Sea”(ACE BOOKS,1979年ニューヨーク刊“Voices for 80's”に収録) 同(DEMBNER BOOKS,1988年刊“The Best Japanese Science Fiction Stories”に再録) “Murder at Agean sea”(未完) “Rendez-vous”(LOOK JAPAN,1980年)
“The Road to the Sea”はCD−ROM化され、火星ロケットによって火星にタイムカプセルとして埋められた。

ライブラリ・リファレンス


ニュース] [沿革] [名簿] [大賞] [新人賞] [評論賞] [年表] [ライブラリ] [リンク

ここは旧サイトです。
⇒新サイトへ移動

日本SF作家クラブWWWへのご意見はwebadmin@sfwj.jpへ。
このページは、基本的にリンク自由ですが、リンクした場合はご一報ください。
本WWW頁に掲載されているデータの無断転載を禁じます。
すべての著作権は著作者及び日本SF作家クラブに帰属します。

リンク用バナーです。ご自由にお使いください。


Copyright (C)1997-2014, Science Fiction and Fantasy Writers of Japan.