Science Fiction and Fantasy Writers of Japan

last modified: 1999/08/24
JAPANESE / ENGLISH

ここは旧サイトです。
⇒新サイトへ移動


柴野 拓美 (SHIBANO TAKUMI)
筆名:小隅 黎(KOZUMI REI)

[プロフィール] [著訳書リスト] [宇宙塵略史]

●プロフィール]

[姓名]
柴野 拓美 (SHIBANO TAKUMI);筆名:小隅 黎(KOZUMI REI)
[生年月日]
1926年10月27日
[学歴]
1950年6月、東京工業大学機械工学科卒業
[職歴]
1951年4月、東京都立小山台高等学校に数学教師として奉職
1977年3月、退職。以後著述に専念(主として翻訳)
[現職]
著述業(おもにSF小説の翻訳・評論・創作)。 現在まで長編小説3編(ジュヴナイル)と翻訳書約60冊および評論・監修書等10数冊出版。 また書籍・雑誌等に採録の小説・評論・翻訳等あり。
[所属グループ]
「日本推理作家協会」 「日本SF作家クラブ」 「SFWA(アメリカSF作家協会)」 「WORLD・SF(国際SF組織)」
[その他]
1957年、日本最初のSF同人誌「宇宙塵」を発刊し、72年まで月刊ペースで171号を発行、以降は不定期刊で、99年現在195号。 多くのSF作家を輩出した。 1962年、年次日本SF大会を発足させ、以後その第1・2・4・6回の実行委員長をつとめ、ほとんどの大会に出席。 また1965年には「日本SFファングループ連合会議」を創立するなど、日本SFアマチュア活動の基礎を築いた。 1968年には第26回世界SF大会「BAYCON」に招かれて渡米し、約1ヵ月間滞在し本場のファン活動を体験、79年以降はほとんどの世界大会に出席。 86年より91年にかけて、バンクーバー、モスクワ、ブダペスト、サンマリノ、成都で開かれたワールドSF年次総会に出席。 1996年の第54回世界SF大会「L・A・CON-3」にファン・ゲスト・オヴ・オナーとして招待された。
[賞罰]
WORLD SF PRESIDENT AWARD (1984年)
E.E.EVANS' BIG HEART AWARD(1987年)
WORLD SF KAREL AWARD   (1991年)
CON-FRANCISCO COMMITTEE SPECIAL AWARD (1993年)

【参考1】『SF大辞典』(横田順彌; 1986)より

柴野拓美(小隅黎)
 日本SF界草分けのひとりであるSF作家、翻訳家、研究家。
 一九二六年、石川県生まれ。 東京工業大学機械科卒業後、高校教員を務めるかたわら、SF創作、研究活動を開始、一九五七年、UFO研究団体を経て日本最初のSF同人誌「宇宙塵」を創刊。 以後ファン界のまとめ役、相談役として活躍、若いファンの指導的立場にあった。 七〇年ごろより本格的なプロ活動に入り、翻訳、研究を次々発表。 七七年教職を辞してフリー。 特に本格ハード・コアSFに造形が深く、このジャンルの作品翻訳の第一人者でもある。
 創作は、ジュヴナイル『超人間プラスX』『月ジェット作戦』『北極シティの反乱』ほか。 翻訳に、H・クレメント『超惑星への使命』、A・ノートン『大宇宙の墓場』、L・ニーヴン『リングワールド』、J・マックフィー『原爆は誰でも作れる』など多数。

【参考2】『THE ENCYCLOPEDIA OF SCIENCE FICTION』
     (John Clute & Peter Nicholls; 1993)より

SHIBANO, TAKUMI(1926-)
Japanese writer, translator and critic. TS began writing sf as Rei Kozumi while a high-school mathematics teacher -- a job he quit in 1977 to become a full-time translator; he published his first short story in 1951. Later, 1969-75, he published 3 sf juveniles, including Hokkyoku Shi No Hanran ["Revolt in North-Pole City"] (1977). But his influence on Japanese sf was more in his work as editor and publisher of the widely circulated Uchujin (1957-current), the first Japanese FANZINE, in which many stories by later-prominent sf writers -- such as Sakyo Komatsu -- were published; it reached #190 in 1991 and continues to intro-duce new writers. TS has received many sf awards; the "Takumi Shibano Award", given since 1982 to people who have performed generous work in fandom, was named after him. As a translator he has specialized in HARD SF: most of Larry NIVEN's books as well as works by James P. HOGAN, Poul ANDERSON, Hal CLEMENT and many more -- about 50 books in all. TS has also ed 2 anthologies of stories from Uchujin, the first in 3 vols (1977) and the second in 2 (1967). He wrote the entry on JAPAN in the encyclopedia.

[Peter Nicholls]


●著訳書リスト(雑誌掲載は省く)

判型:《H》(ハードカバー)と《S》(ソフトカバー)は四六判、《新》新書判、《文》文庫判(一部省略)
1.著書 (すべてジュヴナイル長編)
69-02-05 超人間プラスX《H》 (金の星社)
69-08-30 月ジェット作戦《H》 (金の星社)
77-05-16 北極シティーの反乱《S》 (インタナル出版)
 81-07-15   ――同上――《文》 (徳間書店)

2.翻訳書(長編および表題作となった短編集[短]およびノンフィクション[N];《無印》は文庫判)
71-09-30 Hal Clement アイスワールド《新》 ICEWORLD (早川書房)
72-04-30 Andre Norton 大宇宙の墓場 SARGASSO OF SPACE (早川書房)
72-05-25 Isaac Asimov われはロボット《H》 I, ROBOT[子供向きリライト](ポプラ社)
73-06-30 Andre Norton 恐怖の疫病宇宙船 PLAGUE SHIP (早川書房)
74-03-15 Hal Clement 超惑星への使命《新》 STAR LIGHT (早川書房)
75-04-30 Gregory Kern 異次元の陥穽 GALAXY OF THE LOST (早川書房)
75-08-15 John McPhee 原爆は誰でも作れる《S》THE CURVE OF BINDING ENERGY[N](文化放送出版部)
75-09-30 Gregory Kern サーガンの奴隷船 SLAVE SHIP FROM SERGAN (早川書房)
76-06-15 Gregory Kern メテラーゼの邪神 MONSTER OF METELAZE (早川書房)
77-08-12 E.E.Smith 渦動破壊者 THE VORTEX BLASTER (東京創元社)
78-05-26 Larry Niven & Jerry Pournelle インフェルノ INFERNO (東京創元社)
78-06-15 Larry Niven リングワールド《H》 RINGWORLD (早川書房)
 85-06-30        ――同再刊《文》――
78-08-31 Gregory Kern 惑星メラーの魔薬 ENEMY WITHIN THE SKULL (早川書房)
79-01-15 Larry Niven 無常の月 ALL THE MYRIAD WAYS[短(一部)] (早川書房)
79-04-30 Gregory Kern ジャーレンの秘宝 JEWEL OF JARHEN (早川書房)
79-05-20 David Gerold ムーンスター・オデッセイ MOONSTAR ODYSSEY[共訳(松本薫)](サンリオ)
79-06-15 Larry Niven 太陽系辺境空域 TALES OF KNOWN SPACE[短(全部)](早川書房)
79-09-15 Larry Niven 地球からの贈り物 A GIFT FROM EARTH (早川書房)
79-10-25 Joan D.Vinge 楽園の崩壊 THE OUTCASTS OF HEAVEN BELT[共訳(佐治弓子)](サンリオ)
79-11-23 Hal Clement 一千億の針 THROUGH THE EYE OF A NEEDLE (東京創元社)
80-02-20 Isaac Asimov 大破滅《H》 A CHOICE OF CATASTROPHES[N/共訳(酒井昭伸)](講談社)
80-07-31 Larry Niven 中性子星 NEUTORON STAR[短(全部)](早川書房)
81-02-06 Poul Anderson アーヴァタール(上・下) THE AVATAR (東京創元社)
81-07-15 Larry Niven リングワールドふたたび《H》 THE RINGWORLD ENGINEERS (早川書房)
 88-04-30            ――同再刊《文》――
81-07-30 A.C.Clarke スリランカから世界を眺めて THE VIEW FROM SERENDIP[N・短](サンリオ)
 88-04-30            ――同上――(早川書房)
81-11-20 Hal Clement 窒素固定世界《H》 THE NITROGEN FIX (東京創元社)
 84-09-07       ――同再刊《文》――
82-05-30 Isaac Asimov アジモフ博士の地球・惑星・宇宙 THE ROAD TO INFINITY[N・短](社会思想社)
83-02-15 Isaac Asimov アシモフ博士の世界《H》 OPUS 200[短(全部)/共訳(十河矜也)](早川書房)
83-02-28 Larry Niven プタヴの世界 WORLD OF PTAVVS (早川書房)
83-04-29 J.P.Hogan 未来からのホットライン THRICE UPON A TIME (東京創元社)
83-05-25 David Gerold H・A・R・L・I・E WHEN HARLIE WAS ONE[共訳(大西憲)](サンリオ)
83-10-31 Paul Preuss 天国への門 THE GATE OF HEAVEN[共訳(久志本克己)](早川書房)
84-09-30 Paul Pruess 地獄への門 RE-ENTRY[共訳(久志本克己)](早川書房)
84-11-30 J.P.Hogan 断絶への航海 VOYAGE FROM YESTERYEAR (早川書房)
85-04-15 A.C.Clarke 前哨 EXPEDITION TO EARTH[短(一部)](早川書房)
85-09-13 J.P.Hogan 造物主の掟 CODE OF THE LIFEMAKER (東京創元社)
86-01-15 Andre Norton ゼロ・ストーン THE ZERO STONE[共訳(梶元靖子)](早川書房)
86-05-15 Andre Norton スター・ゲイト STAR GATE[共訳(小木曽絢子)](早川書房)
86-05-31 Paul Preuss 破局のシンメトリー BROKEN SYMMETRIES (早川書房)
86-09-12 David Bishof ナイトワールド NIGHTWORLD[共訳(坂井星之)](東京創元社)
86-11-30 Larry Niven インテグラル・ツリー THE INTEGRAL TREES (早川書房)
87-01-31 Andre Norton ゼロストーン2・未踏星域をこえて UNCHARTED STARS[共訳(梶元靖子)](早川書房)
87-10-31 J.P.Hogan プロテウス・オペレーション(上・下) THE PROTEUS OPERATION(早川書房)
88-05-31 Grant Callin サターン・デッドヒート SATURNALIA[共訳(高林慧子)](早川書房)
88-09-30 Larry Niven スモーク・リング THE SMOKE RING (早川書房)
89-04-21 David A.Kyle ドラゴン・レンズマン DRAGON LENSMAN (東京創元社)
89-05-26 J.P.Hogan 終局のエニグマ(上・下) ENDGAME ENIGMA (東京創元社)
89-12-20 Nick Herbert タイムマシンの作り方《新》FASTER THAN LIGHT[N/共訳(高林慧子)](講談社)
90-03-31 Grant Callin サターン・デッドヒート2(上・下) A LION ON THARTHEE[共訳(高林慧子)](早川書房)
90-08-31 Michael McCollum アンタレスの夜明け ANTARES DAWN (早川書房)
90-10-31 Michael McCollum アンタレス突破 ANTARES PASSAGE (早川書房)
91-10-30 J.P.Hogan ミラー・メイズ(上・下)《H》 MIRROR MAZE (東京創元社)
 96-06-21            ――同再刊《文》――
91-11-30 John Stith レッドシフト・ランデヴー REDSHIFT RENDEZVOUS (早川書房)
92-09-25 David A. Kyle リゲルのレンズマン LENSMAN FROM RIGEL (東京創元社)
93-07-31 Jeffrey A. Carver スターバースト FROM A CHANGELING STAR[共訳(梶元靖子)](早川書房)
93-08-31 Jeffrey A. Carver スターストリーム DOWN THE STREAM OF STARS[共訳(梶元靖子)](早川書房)
94-04-30 John Stith マンハッタン強奪 (上・下) MANHATTAN TRANSFER (早川書房)
95-02-03 J.P.Hogan マルチプレックス・マン(上・下)THE MULTIPLEX MAN (東京創元社)
95-12-15 A.C.Clarke 神の鉄槌《H》 THE HAMMER OF GOD[共訳(岡田靖史)](早川書房)
 98-06-15     ――同再刊《文》――
95-12-22 J.P.Hogan 時間泥棒 OUT OF TIME (東京創元社)
96-08-31 John G. Cramer 重力の影 TWISTOR[共訳(小木曽絢子)](早川書房)
98-04-30 Larry Niven リングワールドの玉座《H》 THE RINGWORLD THRONE (早川書房)
99-01-29 J.P.Hogan 造物主の選択 THE IMMORTALITY OPTION (東京創元社)

3.編集・監修・その他(判型は省略)
77-03-25 [顧問]SFファンタジア1・地上編 (学研)
77-03-25 [顧問(一部著)]SFファンタジア2・時空編 (学研)
77-05-31 [共編(石川喬司)]日本SF・原点への招待I〈宇宙塵傑作選〉(講談社)
77-05-31 [共編(石川喬司)]日本SF・原点への招待II〈宇宙塵傑作選〉(講談社)
77-05-31 [共編(石川喬司)]日本SF・原点への招待III〈宇宙塵傑作選〉(講談社)
78-01-10 [監修]SF雑学クイズ (SFメディア研究会;住宅新報社)
78-02-25 [顧問]SFファンタジア3・異世界編 (学研)
78-05-15 [顧問]SFファンタジア4・幻想編 (学研)
78-07-05 [監修]宇宙・SFの世界 (金子隆一;集英社)
78-08-10 [顧問]SFファンタジア5・風刺編 (学研)
78-10-15 [監修]SF次元へのパスポート (SFメディア研究会;住宅新報社)
78-11-15 [監修]宇宙戦争大図鑑 (ED企画;立風書房)
79-06-30 [指導]SFファンタジア6・マンガ編 (学研)
79-08-10 [指導]SFファンタジア7・アート編 (学研)
79-08-15 [監修]宇宙怪物図鑑 (ED企画;立風書房)
84-04-30 [監修]Peter Nicholls 科学inSF SCIENCE IN SCIENCE FICTION (東京書籍)
84-08-27 [監修]SFWA SFの書き方 WRITING AND SELLING SCIENCE FICTION (講談社)
87-12-04 [編集]破局のおすすめ・新宇宙塵傑作選I (河出書房)
87-12-04 [編集]無限のささやき・新宇宙塵傑作選II (河出書房)
97-11-25 [編集代表]塵も積もれば――宇宙塵40年史―― (出版芸術社)
97-11-30 [編集]宇宙塵傑作選I〈日本SFの軌跡〉(出版芸術社)
97-12-20 [編集]宇宙塵傑作選II〈日本SFの軌跡〉(出版芸術社)

4.採録書(1)創作・評論(判型は省略)
65-05-31 『SF入門』(早川書房)「タイム・トラベル」「ファンダム」
65-07-05 『児童文学への招待』(南北社)「子どもとSF」「海野十三のSF]
75-11-30 『急行出雲』鮎川哲也編《新》(光文社)「磯浜駅にて」
 86-07-20      ――同再刊《文》――
78-02-24 『ショート・ミステリー傑作選』日本推理作家協会編 (講談社)「確率」
78-05-20 『大衆小説の世界』(九芸出版)「SF」[共著(谷口高夫)]
78-06-10 『戦後初期SFベスト集成2』横田順彌編 (徳間書店)「α-ケンタウリ」
78-07-10 『なぜSFなのか?』(奇想天外社)「SFマインドを考える」「SFのホンヤクについて」
78-11-15 『世界のSF文学総解説』(自由国民社)[作品紹介数編]
80-12ー25 『世界のSF文学総解説(改訂版)』(自由国民社)[作品紹介数編]
87-11-20 『英米児童文学』(中教出版)「SF」
92-05-15 『57人の見知らぬ乗客(ミステリー傑作選特別編4)』日本推理作家協会編(講談社)[確率]

5.採録書(2)翻訳(作品名と判型は省略)
70-01-30 『月のピラミッド』福島正実編 (岩崎書店)
71-08-31 『世界SF全集4:ガーンズバック&テイン』(早川書房)
78-06-15 『世界SF大賞傑作選6』HUGO WINNERS (講談社)
78-08-15 『世界SF大賞傑作選8』HUGO WINNERS (講談社)
79-07-15 『ミュータント傑作選』MUTANTS (講談社)
79-08-15 『SF戦争10のスタイル』STUDY WAR NO MORE (講談社)
79-10-25 『気球に乗った異端者』HERETIC IN A BALLOON (集英社)
80-01-15 『ホークスビル収容所』WORLD'S BEST SF:1968 (早川書房)
80-03-15 『世界ユーモアSF傑作選1』浅倉久志編 (講談社)
80-10-31 『十億年の宴』BILLION YEAR SPREE (東京創元社)
81-01-30 『解放されたSF』SCIENCE FICTION AT LARGE (東京創元社)
81-07-20 『三分間の宇宙』100 GREAT SCIENCE FICTION SHORT SHORT STORIES (講談社)
83-05-20 『ミニミニSF傑作選』MICROCOSMIC TALES (講談社)
85-12-20 『宇宙SFコレクション2・スターシップ』伊藤典夫・浅倉久志編 (新潮社)
88-07-15 『サリーはわが恋人』NIGHTFALL TWO (早川書房)
88-07-15 『ギャラクシー(下)』浅倉久志他編 (東京創元社)
96-07-30 『死の姉妹』SISTERS OF THE NIGHT (扶桑社)[共訳(梶元靖子)]

6.海外への寄稿
68-10 『WORLD OF IF』Edited by Frederik Pohl "REPPORT ON JAPANESE SCIENCE FICTION"
78-06 『PROGRAM BOOK OF 2ND WORLD SF WRITERS CONFERENCE』 "CURRENT SCIENCE FICTION IN JAPAN"
79-  『THE ENCYCLOPEDIA OF SCIENCE FICTION』by Peter Nicholls "JAPAN"
93-  『THE ENCYCLOPEDIA OF SCIENCE FICTION』by John Clute & Peter Nicholls "HOSHI, SHIN'ICHI", "JAPAN", "KOMATSU, SAKYO", "OTOMO, KATSUHIRO", "TEZUKA, OSAMU"

●宇宙塵略史

1957年5月創刊 A5判謄写、月刊50〜60頁建て[柴野拓美編集・発行]
   6月16日 同人第1回会合(10月に第2回会合)
   10月 星新一「セキストラ」が「宝石」転載(同人最初の作家デビュー)
1958年1月  8号(倍大号)より表紙に志村靖夫のデザインを採用
   2月 編集委員会発足、委員による月例会合はじまる(59年末まで)
     8月 第1回掲載作品コンテスト(1〜14号)
      1位「タイタン六世」光瀬龍
      2位「セキストラ」星新一
      3位「ボッコちゃん」星新一
1959年5月 22号を2周年記念倍大号として発行
   7月 23号翻訳特集[星新一編集]
   12月 第2回掲載作品コンテスト(15〜27号)
      1位「宇宙の深淵へ」水晶秀哉
      2位「カスティリヨ・ゴメスの脚」草下英明
      3位「おーい でてこーい」星新一
1960年1月 28号よりタイプ印刷、月刊70頁建てとなる
     会則成文化、第1期オープン月例会はじまる
   12月 第3回掲載作品コンテスト(28〜39号)
      1位「量子人」賀梨譲介
      2位「同業者」光瀬龍
      3位「胞子」桂唯史
1961年1月 40号より表紙デザインを江口まひろに依頼
   6月 ロイ・タケットより来信、海外ファンダムと交流はじまる
     9月 第3種郵便物認可取得(72年月刊終了時まで)
   10月29日 50号記念SF映画会開催
   12月 第4回掲載作品コンテスト(40〜51号)
      1位「派遣軍還る」光瀬龍
         2位「文明考」眉村卓
      3位「黒い虹」桂唯史
1962年5月27日 第1回日本SF大会(MEG-CON)主催
   8月 会員5名が徳島の海野十三碑を訪問、岐阜・関西・四国で会合
   9月 国際版(英文A4判20頁)発行[伊藤典夫・他]
   11月 月評「宇宙塵さろん」開設[担当伊藤典夫]
     〃   パロディ誌〈宇宙鹿〉発行[広瀬正・他]
     〃  18日 60号記念SF映画会開催
   12月 第5回掲載作品コンテスト(52〜62号)
     1位「準B級市民」眉村卓
     2位「レオノーラ」平井和正
     3位「計画」広瀬正
1963年1・5・9月に倍大号発行(年間15ヵ月計画と称する)
     6月21日 6周年祝賀会、8ミリ映画第1作「ONCE・UPON・
     A・TIME・MACHINE」[広瀬正・野田昌宏・他]公開
   10月26・27日 第2回日本SF大会(TOKON・1)共催
   12月 第6回掲載作品コンテスト(63〜74号)
      1位「地には平和を」小松左京
      2位「ホムンよ故郷を見よ」小松左京
      3位「滅びざるもの」眉村卓
1964年1月 第1期オープン月例会最終回
    〃  月評「宇宙塵さろん」担当C・Rへ
   7月25・26日 第3回日本SF大会(DAICON・1)に協力
   12月 第7回掲載作品コンテスト(75〜86号)
     1位「幻想の未来」筒井康隆
     2位「時間と泥」眉村卓
     3位「表と裏」眉村卓
1965年2月 「ファンダム・ニュース」欄開設[C・R]
    〃  27日 SF映画祭主催
     8月28・29日 第4回日本SF大会(TOKON・2)共催
    〃  日本SFファンダム賞創設
   11月 「日本SFファングループ連合会議」を提案し結成
   12月 第8回掲載作品コンテスト(87〜99号)
     1位「マイナス0」広瀬正
     2位「高速道路」石原藤夫
     3位「トーチカ」筒井康隆
1966年2月 100号を記念倍大号として発行
    〃  「ファンジン・レビュー」欄開設
   6月 月評欄「宇宙塵さろん」閉じる
   8月20・21日 第5回日本SF大会(MEICON・1)に協力
   12月 第9回掲載作品コンテスト(100〜108号)
      1位「サテライト・オペレーション」小松左京
      2位「開放時間」山野浩一
      3位「人形の家」家室広司
1967年2月 「リバイバル特集」開始(110より127号まで)
    8月19・20日 第6回日本SF大会(TOKON・3)共催
1968年8月 編集人柴野第26回世界SF大会(BAYCON)に出席
1969年1月 巻末に英文ニュース頁開設
1970年8月 国際SFシンポジウムに協力
    〃  日本SFファンダム賞最終回を迎える(星雲賞創設される)
1971年12月 第10回掲載作品コンテスト(109〜160号)
      1位「SF西遊記」石川英輔
      2位「イカルスの翼」堀晃
      3位「美亜へ贈る真珠」梶尾真治
1972年3月 広瀬正急逝 163号に追悼特集
   12月 第11回掲載作品コンテスト(161〜171号)
      1位「幻覚の地平線」田中光二
      2位「スーパーバード」宮武一貴
      3位「タイムましん」川島ゆぞ
1973年4月 第2期オープン月例会(チリコン)はじまる[世話人山岡謙]
    〃  例会機関誌「ASF」創刊[山岡謙編集・発行]
    7月 172号より不定期刊100〜120頁建てとなる
1975年12月 「ファンジン・レビュー」と「ファンダム・ニュース」最終回を
     迎える(177号)
1976年3月 パロディ誌〈宇宙塵紙〉発行[加納一朗・他]
   10〜11月 東京展協賛第3回日本SFショーに協力
1977年5月21・22日 SF作家クラブ主催により「創刊20周年を祝う会」
     (COSMICON)が東京九段会館にて開催される
    〃  講談社より『日本SFの原点(宇宙塵傑作選)』全3巻出版
       〃  巻末英文ニュース頁最終回(178号)
   7月 『宇宙塵インデックス』(1〜178号)発行[森東作編集・発行]
   8月27・28日 第16回日本SF大会(HINCON)に協力
1978年8月18〜20日 第17回日本SF大会(ASHINOCON)に協力
1981年9月 第12回掲載作品コンテスト(172〜181号)
      1位「地球はプレインヨーグルト」梶尾真司
      2位「襲撃のメロディ」山田正紀
      3位「終末曲面に骰子を投入れて」山田正紀
  11月 宮崎惇逝去 182号に追悼特集
1982年5月15・16日 「創刊25周年祝賀会」(YOITOCON)を
     草津温泉にて開催
     8月14・15日 第21回日本SF大会(TOKON・8)に協力
1987年8月8・9日 第26回日本SF大会(URACON '87)に協力
   11月21・22日 「創刊30周年祝賀パーティおよび合宿」を開催
   12月 河出書房より『破局のおすすめ』『無限のささやき』(新・宇宙塵傑
      作選)全2巻出版
1990年12月 パロディ誌〈宇宙馬鹿〉発行[大出秀明他]
1992年7月 第13回掲載作品コンテスト(182〜191号)
      1位「二重ラセンの悪魔」梅原克哉
           2位「コンタクト・ゲーム」大場惑
           3位「安楽死裁判」嬉野泉
      8月21〜23日 第31回日本SF大会(HAMACON)に協力
       〃 22日 「創刊35周年祝賀パーティ」を開催
1993年11月〜 「コミケ」等同人誌即売会に出店はじまる[担当中谷育子]
1997年11月22日 「創刊40周年祝賀パーティ」開催
    〃  出版芸術社より『塵も積もれば――宇宙塵40年史』および『日本
     SFの軌跡(宇宙塵傑作選)』全2巻出版
   12月 星新一逝去 199号に追悼特集

ライブラリ・リファレンス


ニュース] [沿革] [名簿] [大賞] [新人賞] [評論賞] [年表] [ライブラリ] [リンク

ここは旧サイトです。
⇒新サイトへ移動

日本SF作家クラブWWWへのご意見はwebadmin@sfwj.jpへ。
このページは、基本的にリンク自由ですが、リンクした場合はご一報ください。
本WWW頁に掲載されているデータの無断転載を禁じます。
すべての著作権は著作者及び日本SF作家クラブに帰属します。

リンク用バナーです。ご自由にお使いください。


Copyright (C)1997-2014, Science Fiction and Fantasy Writers of Japan.