Science Fiction and Fantasy Writers of Japan

last modified: 2000/11/03
JAPANESE / ENGLISH

ここは旧サイトです。
⇒新サイトへ移動


Photo

大場 惑(おおば わく)

略歴

 1955年 鹿児島市に生まれる。
 1971年 父の転勤に伴い福岡、佐賀、熊本、大分と、九州各県を転々。小学三
     回中学二回の転校を経、振出しに戻り鹿児島市立城西中学校を卒業。
 1974年 熊本マリスト学園高校卒業。同窓の先輩に作家・梶尾真治、同じく後
     輩に作家・羅門祐人がいる。
 1975年 一浪して東京理科大理工学部数学科に入学。
     千葉県野田市にて下宿生活はじめる。『奇想天外』などのSF雑誌の
     創刊ラッシュに刺激され、学内にSF研究会を設立。同人誌『OUT
     WAVE』を発行。創作に手を染め、作家デビューを夢見てハヤカワ
     のSFコンテスト等にさかんに応募するも、結果は最終選考どまり。
 1982年 三回の留年を経て大学を卒業。バイトに明け暮れた学生生活に別れを
     告げ、(株)ナムコ入社。開発部に配属になり、アーケード・ゲーム
     のプログラム開発に従事。SF同人サークル『宇宙塵』に入会。
 1984年 『宇宙塵』に掲載された作品『コンタクト・ゲーム』が『SFアドベ
     ンチャー』に転載となり商業誌デビューを飾る。以降、仕事を続けな
     がら『SFアドベンチャー』『SFマガジン』『ログイン』等の雑誌
     に短編を発表。
 1986年 (株)ナムコを退社。専業作家生活に入る。
 1989年 日本SF作家クラブ入会

著書紹介 ★は最近刊行された本です

 □長編小説
  『コンタクト・ゲーム』徳間書店
  『月都に乾杯――ジャンクマン5』朝日ソノラマ
  『沈黙の巨獣――ジャンクマン5』朝日ソノラマ
  『侵略の城塞――ジャンクマン5』朝日ソノラマ
  『朱き星燃ゆ――ジャンクマン5』朝日ソノラマ
  『アクーラ・ミッション』エニックス
  『放浪の子竜・趙雲』光栄出版
  『天翔の騎士・趙雲』光栄出版
  『江東の策謀・趙雲』光栄出版
  『覇望の入蜀・趙雲』光栄出版
  『趙雲伝1・放浪の子竜』光栄歴史ポケットシリーズ(文庫版)
  『趙雲伝2・天翔の騎士』光栄歴史ポケットシリーズ(文庫版)
  『趙雲伝3・江東の策謀』光栄歴史ポケットシリーズ(文庫版)
  『趙雲伝4・覇望の入蜀』光栄歴史ポケットシリーズ(文庫版)

 □短編・ショートショート集
  『虜われの遊技者たち』早川書房
  『時間鉄道の夜』朝日ソノラマ
  『お客さまはエイリアン』実業之日本社

 □ビデオゲーム・TVドラマ・映画のノベライズ
  『世にも奇妙な物語 7』太田出版
  『世にも奇妙な物語 B』太田出版
  『イースI 天空へそびえし魔塔』アスペクト
  『イースII 天界にひそみし魔帝』アスペクト
  『イースIII 友にささげる鎮魂歌』アスペクト
  『イースIV序章 翼あるものの肖像』アスペクト
  『イースIV 樹海に沈みし魔宮――上』アスペクト
  『イースIV 樹海に沈みし魔宮――下』アスペクト
  『イースV さまよえる砂の都――上』アスペクト
  『イースV さまよえる砂の都――中』アスペクト
  『イースV さまよえる砂の都――下』アスペクト
  『イース外伝 滅びしものの幻影』アスペクト
  『イース外伝 血と砂の聖戦』アスペクト
  『ミリティア』アスペクト
  『ベルデセルバ戦記』アスペクト
  『学校の怪談 3』ポプラ社
  『雪色のカルテ』KKベストセラーズ
  『めいKing』KKベストセラーズ
 ★『サイバー大戦略〜出撃!はるか隊』KKベストセラーズ(本体860円)

 □アンソロジー採録短編
  『奇妙劇場 1』太田出版      ……「ニュースおじさん」
  『奇妙劇場 2』太田出版      ……「夏ごもり」
  『奇妙劇場 3』太田出版      ……「かっちゃん」
  『SFマガジンセ・レクション 1989』早川書房
                    ……「メイズィング・ゲーム」
  『SFバカ本――白菜編』ジャストシステム……「百貫天国」
  『SFバカ本――白菜編プラス』廣済堂出版(文庫版)……「百貫天国」
 ★『彗星パニック――SFバカ本』廣済堂出版(本体600円)
                          ……「南、もしくは」
  『異形コレクション(2)侵略!』廣済堂出版   ……「彼らの匂い」
  『異形コレクション(4)悪魔の発明』廣済堂出版 ……「よいこの町」
  『異形コレクション(12)GOD』廣済堂出版 ……「大黒を探せ!」
 ★『異形コレクション(15)宇宙生物ゾーン』廣済堂出版(本体800円)
                       ……「夜を駆けるものたち」
  『宇宙塵傑作選I 柴野拓美編』出版芸術社 ……「コンタクト・ゲーム」

 □関連図書
  『イースVコミックアンソロジー』アスキー出版局・池上明子著
                  ※コミック原案で一部協力しました。

 □オンライン出版物
 ★『ジャンクマン5〜月都に乾杯〜』修文社(500円)
 ★『ジャンクマン5〜沈黙の巨鯨〜』修文社(500円)
 ★『ジャンクマン5〜侵略の城塞〜』修文社(500円)
 ★『ジャンクマン5〜朱き星燃ゆ〜』修文社(500円)

   修文社入り口   http://www.shubunsha.com

 ★『わしがサンタじゃ』ブックストア黎明(100円)
 ★『つきまとう男』ブックストア黎明(150円)

   黎明入り口    http://homepage1.nifty.com/onlinebook/

大場惑関連情報

 ●近況――・『SFバカ本』用の短編を書きました。6月刊行予定。
      タイトルは「秒を読まれる」。そういう内容の話です。

    ☆ ・上記、もろもろの事情で刊行延期となっていましたが、出版社を
      移籍してメディアファクトリーより『黄金スパム』のタイトルで再
      出発の運びとなりました。刊行は11月17日の予定

    ☆ ・オンライン出版参入第二弾。オンラインブックストア黎明さんの
      開店に参加させてもらいました。ショートショート集二冊を刊行さ
      せていただきました。未刊行のショートショートを中心に、28本
      の作品を『わしがサンタじゃ』と『つきまとう男』の二冊に編集。
      それぞれ、100円、150円と超格安価格設定となっています。
      『わしがサンタじゃ』はティーンズ向け15本、『つきまとう男』
      はサラリーマン物13本とちょっと大人向けの内容。二冊で文庫本
      一冊くらいの分量となっています。
      ・8月1日より販売開始。お買上よろしく願いします。

      ・10月から近所のカルチャーセンターで講師をやることになりま
      した。「短編小説講座」をやるつもりではいるんですが、地理的に
      近所の奥さん方しか集まらず開講に必要な受講者数5名に満たない
      かもと先行き不透明。
       第1・3土曜日の午前10時〜12時と、根性出せばお勤めの方
      も参加できる時間帯ではあります。
       受講料は、月4000円。3ヶ月分前納となっています。
       場所は、外房線鎌取駅前ジャスコ鎌取店ゆみーる内5F
      「鎌取カルチャーセンター」です。

    ☆ ・上記、結局集まったのは3名! 規定人数に達しなかったためや
      むなく開講は断念。かと思いきや、「そのうち集まるかもしれませ
      んし、とりあえず始めてみてはいかがでしょう?」ということで、
      見切り発車的に10月スタートとなりました。
      ・生徒さん3名はいずれも子育てを終えた主婦。「小説を書こうだ
      なんて敷居が高すぎますよ。手紙だとか、人様に見せて恥ずかしく
      ない文章が書けるようになりたいということで、思い切って応募し
      てみたんです」といった反応で、当初の目論見とはまったく違った
      方向へ内容を軌道修正しなければならなくなりました。
      ・みなさん意欲満々で、主婦パワーに圧倒されながらも、なんとか
      期待に沿えるようこちらもがんばらなきゃなと決意を新たに。さっ
      そく10月7日(土)、初回をやりました。内容は「・原稿用紙の
      使い方・記号の種類名称と使い方」うーん、実用的です。
      ・お気軽に覗きに来てみてください。
      ・「鎌取カルチャーセンター」のホームページの入り口は

         http://www.culture.gr.jp

 ●連載――・季刊パズル誌「ニコリ」にて、パズルなものエッセィ連載中。

 ●ファンクラブ――・ノベライズを担当した「イース」がらみで、ファルコム
   ファンクラブ、略称「F・F・C」が誕生しました。現在会員数、
約70名で、楽しくやってるようです。季刊ペースでの会報の発行      や不定
期のお茶会と、活発な活動をおこなっています。
      ・会のホームページができました。覗いてみてください。

         http://www.linkclub.or.jp/kotone/ffc

    ☆ ・上記変更となりました。

         http://www.kiwi-us.com/~kotone/ffc

 ●連珠――・趣味で詰め連珠の創作をやっています。ときどき、『連珠世界』
      という専門誌に作品が掲載されます。ひたすら趣味な世界ですが。
      『連珠世界』のお問い合わせは、

          電話 03―3330―8661
            社団法人 日本連珠社 まで

    ☆ ・日本連珠社のHPが開設されました。アドレスは、

         http://www.nk.rim.or.jp/~saien/RenjuSha/

      ・連珠のルールや用語など、基本的なことを知りたい方にお勧めの
       HPが『連珠苦楽部』。アドレスは、

         http://homepage1.nifty.com/matsurenju/

      ◎新作問題

         ┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
         ┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
         ┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
         ┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
         ┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
         ○○┼○●●┼○○●┼○●●┨
         ┠●┼○┼●┼○┼●┼●┼○┨
         ○●┼○┼●┼●┼○┼○┼●┨
         ○┼┼●┼○┼○┼●┼○┼○┨
         ●●┼○●○┼●○●┼○●●┨
         ┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
         ┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
         ┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
         ┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
         ┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛
         『祝・ミレニアム』
         ・黒先、四追い勝ち

        ・解けたらメールでご一報ください。

      ◎四追い作品ギャラリー
        ・このページで毎回紹介してきたオリジナル作品です。
        ・どーしても答を知りたい方はメールでご一報下さい。
        ・四追い勝ちとは四の連続で勝ちに至ること。
        ・連珠のルール同様、黒には三三、四四、長連(石が6個
        以上並んだ状態)の禁手があります。
        ・白先問題の場合は、四三勝ち以外に、四四勝ちもOK。
        また、黒を三三、四四、長連にはめて勝ちに至る場合も
        あります。

    ┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓ ○○●●┯●┯○┯┯●┯●┯●
    ┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨ ○┼┼┼○┼┼┼┼┼┼┼┼┼○
    ┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨ ○○┼┼┼○┼┼┼┼┼┼┼○┨
    ┠┼┼┼┼┼○●●┼┼┼┼┼┨ ┠○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○┼┨
    ┠┼┼┼┼●┼┼┼○┼┼┼┼┨ ●┼┼┼┼┼┼┼┼○┼┼┼┼●
    ┠┼┼┼○┼┼┼┼┼○┼┼┼┨ ●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○┼┨
    ┠┼┼●┼┼┼┼┼┼┼●┼┼┨ ┠┼┼┼┼○┼┼┼○┼┼┼┼●
    ●●○○●○○●┼┼┼┼●┼┨ ┠┼┼┼┼┼┼●┼┼┼┼┼┼┨
    ┠●┼┼┼┼┼┼○┼┼┼┼●┨ ●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●
    ○○┼┼┼┼●●┼┼┼┼┼┼● ┠○┼┼┼┼┼┼┼○┼┼┼┼○
    ┠┼┼┼┼○┼┼┼┼┼┼┼┼┨ ┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
    ┠┼┼┼┼┼○○●○●○●○○ ●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
    ┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨ ┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●
    ┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨ ┠●○●┼┼┼┼┼┼┼┼○○●
    ┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛ ┗┷┷●●┷●○●●○●┷○●
    NO.1 『富士山』         NO.2 『四角い地平線』
     ・黒先、四追い勝ち        ・黒先、四追い勝ち

    ┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓ ┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
    ┠┼○┼○┼┼┼┼┼○┼○┼┨ ┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
    ┠┼┼○┼┼┼┼┼┼┼○┼┼┨ ┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
    ┠┼┼┼┼●┼●┼●┼┼┼┼┨ ┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
    ┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨ ┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
    ┠┼┼┼┼┼┼●┼┼┼┼┼┼┨ ┠○┼○●○┼●○●┼○○●┨
    ┠┼●┼┼┼○┼○┼┼┼●┼┨ ●●┼●┼○┼○┼○┼●┼○┨
    ┠┼┼┼┼┼┼●┼┼┼┼┼┼┨ ┠●┼●○○┼●●○┼●●○┨
    ○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○ ┠○┼┼┼●┼┼┼●┼┼┼○┨
    ┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨ ┠●┼┼┼○┼┼┼○┼┼┼●┨
    ┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨ ┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
    ┠┼┼●○┼┼┼┼┼○●┼┼┨ ┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
    ┠┼┼┼●┼┼┼┼┼●┼┼┼┨ ┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
    ┠┼┼┼┼┼┼●┼┼┼┼┼┼┨ ┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
    ┗┷┷○┷┷●┷●┷┷○┷┷┛ ┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛
    NO.3 『大王』          NO.4 『1999』
  ・黒先、四追い勝ち       ・黒先、四追い勝ち

    ┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓ ┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
    ┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨ ┠┼┼┼┼┼○┼○┼┼┼┼┼┨
    ┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨ ┠●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┨
    ┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨ ┠┼┼┼┼┼●┼●┼┼┼┼┼┨
    ┠┼┼┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨ ┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
    ┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨ ┠┼┼●┼┼┼┼┼┼┼●┼┼┨
    ┠┼┼┼┼┼┼┼●┼┼┼┼┼┨ ┠┼┼┼┼┼┼●┼┼┼┼┼┼┨
    ●┼┼┼┼┼┼●┼┼┼┼┼┼┨ ┠┼○┼●○┼●┼○●┼○┼┨
    ┠┼○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨ ┠○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○┨
    ┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨ ┠┼┼┼┼○┼┼┼○┼┼┼┼┨
    ┠┼●┼┼┼┼┼┼┼●┼┼┼┨ ┠┼┼●┼┼┼●┼┼┼●┼┼┨
    ┠○┼○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨ ┠┼┼┼┼○┼┼┼○┼┼┼┼┨
    ┠┼○┼●┼○┼┼┼┼┼┼┼┨ ┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
    ┠┼┼○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨ ┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
    ○┷┷┷┷┷┷●┷┷┷┷┷┷┛ ┗┷┷┷┷┷┷○┷┷┷┷┷┷┛
    NO.5 『白夜の天使』      NO.6 『壺』
     ・白先、四追い勝ち       ・黒先、四追い勝ち

    ┏┯┯┯┯┯┯○┯┯●┯┯┯┓ ┏┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┓
    ┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼●┼┼┼○ ┠┼┼┼┼○┼┼┼○┼┼┼┼┨
    ┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨ ┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
    ┠┼┼┼┼○┼●┼┼●┼┼┼┨ ┠┼┼●┼┼┼●┼┼┼●┼┼┨
    ┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨ ┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
    ┠┼┼┼┼┼┼○┼●○┼○┼┨ ┠○┼┼┼●┼○┼●┼┼┼○┨
    ┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨ ┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
    ┠●┼┼┼┼┼●┼┼┼┼┼●┨ ┠┼┼●┼○┼●┼○┼●┼┼┨
    ┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨ ┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
    ┠┼○┼○●┼○┼┼┼┼┼┼┨ ┠○┼┼┼●┼○┼●┼┼┼○┨
    ┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○┨ ┠┼┼┼┼┼○┼┼┼┼┼┼┼┨
    ┠┼┼┼●┼┼●┼○┼┼┼┼┨ ┠┼┼●┼┼┼●┼┼┼●┼┼┨
    ┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨ ┠┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨
    ○┼┼┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┨ ┠┼┼┼┼○┼┼┼○┼┼┼┼┨
    ┗┷┷┷●┷┷○┷┷┷┷┷┷┛ ┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛
    NO.7 『SOS』        NO.8 『標的』
     ・黒先、四追い勝ち       ・黒先、四追い勝ち


 ●連絡――大場惑への、連絡、質問、本の感想、出題等ありましたら、

         NIFTY SERVE ID ―― DZP03626 まで

ライブラリ・リファレンス


ニュース] [沿革] [名簿] [大賞] [新人賞] [評論賞] [年表] [ライブラリ] [リンク

ここは旧サイトです。
⇒新サイトへ移動

日本SF作家クラブWWWへのご意見はwebadmin@sfwj.jpへ。
このページは、基本的にリンク自由ですが、リンクした場合はご一報ください。
本WWW頁に掲載されているデータの無断転載を禁じます。
すべての著作権は著作者及び日本SF作家クラブに帰属します。

リンク用バナーです。ご自由にお使いください。


Copyright (C)1997-2014, Science Fiction and Fantasy Writers of Japan.