Science Fiction and Fantasy Writers of Japan

last modified: 2001/01/07
JAPANESE / ENGLISH

ここは旧サイトです。
⇒新サイトへ移動


Photo

巽 孝之(たつみ たかゆき)

履歴書

巽 孝之(たつみ たかゆき) 1955年5月15日生 本籍 東京都 SF批評家

ゼミのページ→http://www.mita.cc.keio.ac.jp/~tatsumi/

経歴

1968年4月
学習院中等科入学とともに、当時2年先輩だった難波弘之氏の手引きで、SFファン・グループ<全日本青少年SFターミナル>に入会する。以後、翌年にかけて科学創作クラブ(現・宇宙塵)、瀬戸内海SFクラブ、九州SFクラブなどに参加。
69年1月
前掲九州SFクラブの『てんたくるず』に初めての創作だったショート・ショート「ペテン師」が掲載。
70年1月
SF同人誌『科学魔界』創刊(以後平成3年の第46号まで)。
8月
SFフェスティバル'70でクイズに勝ち抜く。筒井康隆氏の色紙「七転八倒」が賞品だった。
73年7月
このころ渋谷ノーブルの木の日会常連となる。NHKTV「十代とともに」で難波弘之、池田憲章、国領昭彦氏らと座談会。
78年3月
上智大学文学部英文学科卒業(卒論はサミュエル・ベケットと安部公房の比較文学的研究)。同大学院入学(アメリカ文学)
79年5月
NHK教育TV「若い広場」で石川喬司、金子隆一氏らと鼎談。
82年4月
慶應義塾大学(法学部)英語助手
8月
第21回日本SF大会TOKON VIII実行委員
同大会にて第1回ファンジン大賞評論部門受賞
83年3月
上智大学大学院博士後期課程修了
84年8月
米国コーネル大学大学院へフルブライト奨学生として留学
EZOCON IIで柴野拓美賞受賞
初めて世界SF大会(LA−CON II)に出席
85年8月
テキサスの北米SF大会でサイバーパンク運動に出会う。
87年4月
米国評論誌Science Fiction Eye 編集委員
8月
帰国、コーネル大学英文学博士(Ph.D.)
学位請求論文“Disfiguration of Genres: A Reading in the Rhetoric of Edgar AllanPoe.”(UMI請求番号8725822 )
10月
前掲LA−CON II以後文通相手だった小谷真理と結婚。
89年4月
慶應義塾大学(文学部英文科)助教授
11月
米国学術誌Science-Fiction Studies 編集顧問
日本SF作家クラブ入会 翌年より6年間、大賞選考委員
93年7月
フルブライト研究員として2ケ月間米国滞在(サンディエゴ州立大学などで共同研究) 日本アメリカ文学会編集委員
94年4月
米国学術誌Para*Doxa 編集顧問
95年6月
日本PENクラブ編集委員 日本英文学会編集委員
96年3月
国際交流基金他の提供によりニューヨーク日本協会、ハーヴァード大学、ブラウン大学など米国東海岸各地で講演。
97年4月
慶應義塾大学(文学部英文科)教授

賞罰

1984年12月
第7回日本英文学会新人賞(「作品主権をめぐる暴力――E.A.Poe ,The Narrative of Arthur Gordon Pym 小論」)
89年5月
1988年度日米友好基金アメリカ研究図書賞文学部門(『サイバーパンク・アメリカ』)
92年4月
第2回日本翻訳大賞思想部門(『サイボーグ・フェミニズム』)
94年7月
第5回パイオニア賞(米国SFRA主催)(With Larry McCaffery,“Towards the TheoreticalFrontiers of Fiction −From Metafiction and Cyberpunk through Avant-Pop”)
96年11月
平成8年度福澤賞(『ニュー・アメリカニズム』)

業績表

著書

1988年12月
勁草書房刊『サイバーパンク・アメリカ』
92年6月
岩波書店刊『現代SFのレトリック』
93年11月
筑摩書房刊『メタフィクションの謀略』
早川書房刊『ジャパノイド宣言−−現代日本SFを読むために』
95年7月
岩波書店刊『E・A・ポウを読む』
11月
青土社刊『ニュー・アメリカニズム−−米文学思想史の物語学』
12月
筑摩書房刊『ニューヨークの世紀末』
97年8月
筑摩書房刊『恐竜のアメリカ』
98年3月
慶應義塾刊『トマス・ジェファソンとアメリカ文学』
5月
新潮社刊『日本変流文学』

編著

1993年1月
成美堂刊『アシモフが語るアイデアの世界』(編注)
97年12月
彩流社刊『ウィリアム・ギブスン』(現代作家ガイド(3))
98年1月
成美堂刊『新しい日本の顔』(編注)
3月
トレヴィル刊『身体の未来』(論文集)
4月
南雲堂刊『物語のゆらめき−−アメリカン・ナラティヴの意識史』(論文集)

共著

1989年1月
南雲堂刊『文学する若きアメリカ−−ポウ・ホーソン・メルヴィル』。序論・第一部ポウ論執筆(9-108頁)。
91年6月
大修館書店刊『ギリシア神話と英米文化』(丹羽隆子他編)「アメリカ小説とギリシア神話」執筆(271-94頁)。
12月
Storming the Reality Studio:A Casebook of Cyberpunk and Postmodern American Fiction ,ed.Larry McCaffery(Durham, NC:DukeUniversity Press). “The Japanese Reflection of Mirrorshades”執筆(pp.366-73).
95年1月
早川書房刊『ダニエル・キイス読本』(早川書房編集部編)、「24人の人間失格」執筆(193−204頁)。
12月
In Memoriam to Postmodernism: Essays on the Avant-Pop ,eds.Mark America et al.(San Diego,CA:SDSU Press).“Creative Masochism as a Comparative Approach to Avant-Pop”執筆 (pp.57-69).
96年3月
ジャストシステム刊『20世紀のメディア(3) マルチメディアの諸相とメディアポリティクス』(桂英史編)、「モノリスの陽のもとに−−クラーク、ギブスン、アッシュボウ」執筆(65−82頁)。
7月
ミネルヴァ書房刊『アメリカ文学の<自然>を読む』(スコット・スロヴィック他編)、「メインの昏い丘−−ワイエス、オルソン、ホーソーン」執筆(185-98頁)。
97年3月
研究社刊『差異と同一化−−ポストコロニアル文学論』(山形和美編)、「1001年ヴィンランドの旅−−ポウ、ブロック、マーロウ」執筆(177−94頁)。
98年5月
工作舎『「めくるめき」の芸術工学』(杉浦康平編)、「サイボーグ・キュービズムの眩惑」執筆(253−277頁)。

編訳

1991年5月
 トレヴィル刊『サイボーグ・フェミニズム−−ハラウェイ、ディレイニー、サーモンスン』(小谷真理と共訳) 序章・終章執筆(7−22&216-41頁)。
95年7月
筑摩書房刊『アヴァン・ポップ』(ラリイ・マキャフリイ著、越川芳明と共編) 序章執筆(5−10頁)
96年3月
紀伊國屋書店刊『この不思議な地球で−−世紀末SF傑作選』(J・G・バラード他、浅倉久志他と共訳)、序文・紹介執筆。

→カバー絵ギャラリー


ライブラリ・リファレンス


ニュース] [沿革] [名簿] [大賞] [新人賞] [評論賞] [年表] [ライブラリ] [リンク

ここは旧サイトです。
⇒新サイトへ移動

日本SF作家クラブWWWへのご意見はwebadmin@sfwj.jpへ。
このページは、基本的にリンク自由ですが、リンクした場合はご一報ください。
本WWW頁に掲載されているデータの無断転載を禁じます。
すべての著作権は著作者及び日本SF作家クラブに帰属します。

リンク用バナーです。ご自由にお使いください。


Copyright (C)1997-2014, Science Fiction and Fantasy Writers of Japan.