Science Fiction and Fantasy Writers of Japan

last modified: 2001/09/19
JAPANESE / ENGLISH

ここは旧サイトです。
⇒新サイトへ移動


第二回日本SF新人賞経過報告


第二回日本SF新人賞について担当幹事 笠井潔

 2000年11月15日、第2回日本SF新人賞の最終選考会が開催された。  最終候補作は永田巌『理想郷(エデン)の落日』、坂本康宏『マシンハンター』、いとういたる『クソイシ』、渡辺健『象のいる街』、吉川良太郎『ペロー・ザ・キャット全仕事』、谷口裕貴『ドッグファイト』の6篇。  小松左京(委員長)、大原まり子笠井潔、神林長平、小谷真理山田正紀の6選考委員による厳正な審査の結果、『ペロー・ザ・キャット』および『ドッグファイト』の2作同時受賞が決定された。 『ペロー・ザ・キャット』はフランスの暗黒街を舞台にした近未来SF、『ドッグファイト』は超能力と進化のSF的テーマを中心とした作品で、ともにSF新人賞の期待する水準を充分以上にクリアした力作である。  両作は2001年3月に開催される授賞式をめどとして、徳間書店から単行本で刊行される。また「SF Japan」第3号(2001年春季号)には、吉川、谷口両氏の受賞第1作が掲載される予定。  第2回を迎えたSF新人賞だが、最終選考作はどれも、非常に高い水準の作品だった。いまだ歴史の浅い本賞だが、日本SF界の明日を担う有力新人の登竜門として、早くも定着したといえそうだ。第3回の応募作にも、大いに期待したい。 (日本SF新人賞担当幹事 笠井潔)

第2回日本SF新人賞

最終候補作品


永田厳       理想郷〈エデン〉の落日
坂本康宏     マシンハンター
いとういたる クソイシ
渡辺健       象のいる街
吉川良太郎   ペロー・ザ・キャット全仕事
谷口裕貴     ドッグファイト

一次選考通過作品


『ハイタッチ』田中勝裕
『仮想空間の生命体』太田康昌
『理想郷〈エデン〉の落日』永田厳
『マシンハンター』坂本康宏 
『クソイシ』いとういたる 
『象のいる街』渡辺健
『ボルヴェルグ』滝川廉治
『虚構漂流』セコ
『リリパットなユートピア』茂土器太郎
『silentgarden』水上悠
『ペロー・ザ・キャット全仕事』吉川良太郎
『試練』須山祥悟
『人間を失いしのち』山本利津夫
『骨肉の反乱』米沢弘夢
『ドッグファイト』谷口裕貴
『沈まぬ月の国』 鈴川まき
『ロケッツテイル』多謝岐礼
『イン・ザ・フレッシュ』弾射音

ニュース] [沿革] [名簿] [大賞] [新人賞] [評論賞] [年表] [ライブラリ] [リンク

ここは旧サイトです。
⇒新サイトへ移動

日本SF作家クラブWWWへのご意見はwebadmin@sfwj.jpへ。
このページは、基本的にリンク自由ですが、リンクした場合はご一報ください。
本WWW頁に掲載されているデータの無断転載を禁じます。
すべての著作権は著作者及び日本SF作家クラブに帰属します。

リンク用バナーです。ご自由にお使いください。


Copyright (C)1997-2014, Science Fiction and Fantasy Writers of Japan.